Minimalenkon

れんこんが辛子レンコンになっていく過程

僕がミニマリストになった理由

こんにちわ、こんばんわ、れんこんです。

 

実は僕、ミニマリストなんです!!

 

自らをカテゴライズすると楽になる、など言われておりますが、僕は「ミニマルな生き方をしている人間」=ミニマリストという考えを持って、これを自称しています。

 

すでに多くの書籍や、メディアで取り上げられ、社会的認知度も増してきたミニマリストですが、最近、時代の潮流との乖離もしくは、ズレのようなものが発生してきていると思います。

 

大前提として、以下を引用してみます。

知恵蔵の解説

ミニマリスト

 
持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人。自分にとって本当に必要な物だけを持つことでかえって豊かに生きられるという考え方で、大量生産・大量消費の現代社会において、新しく生まれたライフスタイルである。「最小限の」という意味のミニマル(minimal)から派生した造語。
物を持たずに暮らす人の意味では、2010年前後から海外で使われるようになり、その後日本でも広まったと見られる。何を持ち何を持たないかは人それぞれだが、少ない服を制服のように着回したり、一つの物を様々な用途に使ったりするほか、誰かと共有したり借りたりすることで、自分が所有する物を厳選している点が共通している。
少ない物で豊かに暮らすという考え方自体は、環境問題の深刻化などを背景に以前からあった。近年は、物だけでなく多くの情報が流通する中で、たくさんの物を手に入れても満たされなかったり、多くの物に埋もれて必要な物が見えなくなったりして生きづらさを感じる人たちが増え、自分にとって本当に大事な物を見極めて必要な物だけを取り込むことで楽に生きたいと共感が広がっているようだ。必要な物だけを持つミニマリストの思想は、10年頃から流行した整理法「断捨離(だんしゃり)」などにも通じる考え方と言える。

(原田英美 ライター/2015年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

引用元 https://kotobank.jp/word/ミニマリスト-139265

 

原田さんが書いた「ミニマリスト」のキーワードは「豊かに」「楽に」という二つでしょう。

これらは、ミニマリストが精神的な充足を求めていることに起因していると考えられます。よく、ミニマリストが語る「ものよりも経験や知識、つながりの方が大事だ」ということを見れば、一目瞭然でしょう。

 

しかし、ミニマリストの思う「ものよりも経験や知識、つながり」というのは、どこかで聞いたフレーズのようにも見えませんか?

 

そう、若者の「もの消費よりもこと消費」の傾向です。

僕も一応、若者の部類に入りますから、こと消費の本質は理解しているつもりです。僕たちの世代にあるのは、地位や名誉が金銭的な結果としてのものではなく、地位や名誉が「いいね」と「つながり(=シェア)」の数の方が重要だというマインドです。

もっと、ラディカルに言い換えるのであれば、金銭を多く持てない若者が、社会の中で存在感をアピールするために、「いいね」と「つながり(=シェア)」という他人の共感を数値化した結果を大事だと主張している、ということではないでしょうか。

 

本当に過激な意見として言っているので、批判非難はあるかと思いますが、あくまで個人的な若者の意見だと思ってください。

 

では、若者達の数値化された共感と、ミニマリストが語る「経験や知識、つながり」とは何が異なるのでしょうか。

一つ考えられるのは、ミニマリストは人間関係すらミニマルするということです。普遍的な事実ではないですが、私が見聞きしたミニマリストたちは、やはり、引用した原田さんが語っていたように「豊かに」「楽に」生きたいと望むのだと思います。

そこには、数値化された共感は必要ではなく、むしろ、ミニマリストの志向する生き方とは乖離しているのです。

 

しかし、今まで述べてきたような、若者の思考とミニマリストの思考があたかも(表面的でしかないのに!)似ていると語られていると感じています。

 

僕自身、ツイッターや他のSNSを少しだけ使いますが、数値化された共感は必要ないのです。僕に必要なのは、「豊かに」「楽に」生きる術だけなのです。

 

さて、今回はここまでです!

まだまだ、乖離の詳しい話や、僕が仕事で感じる非ミニマルな生活の豊かさもバシバシ書いていこうと思いますので、お付き合いをお願いいたします。

さよなら、さよなら、さよなら