Minimalenkon

れんこんが辛子レンコンになっていく過程

ファッションが芸術になれない理由

こんにちはれんこんです。

そろそろ気温も上がり、梅雨になってきましたが、すでに夏を予感させる気候になってまいりましたね。急に気温が上がって、体調を崩したりしないように気をつけないといけませんね…

 

さて、今回は「ファッションが芸術になれない理由」という、少しディープなお話をします。

まず、この話題に入る前に、芸術とは?という素朴な疑問から、解説していこうと思います。

実は、芸術というものは、分野ごとにカテゴライズされています。その数は第1芸術から始まり、現時点では第11芸術まで存在しています。(この第11芸術あたりは多くの疑問や批判があるようですが…)

詳しく言うと、建築、彫刻、絵画、音楽、詩、演劇または写真、映画、テレビ、漫画、テレビゲーム(ヴィデオゲームと言っても良いのかもしれません)最後がデジタル芸術です。

数を数えると11個ありますね。

 

これらをおおよそ分類すると、建築、彫刻、絵画は空間芸術。つまり、物質として空間を占領、または空間内に存在することで芸術になっているものです。

一方、音楽、詩、演劇は時間芸術。ある時間の始まりから終わりまでが芸術であるというものです。言い換えれば、時間を占領し、時間の流れに沿って存在している芸術なのです。

これら以降の芸術は複合芸術(総合芸術)として、時間と空間の二つを占領し、かつ再生可能な芸術であると言えます。

 

では、芸術の諸要素としての空間と時間をファッションは占めることが出来るのでしょうか?

 

 

考えてみると、この問いはファッションの重要な要素を除外して考えているのです。

 

それは「経済性」です。

ここで言う経済性とは、便利で、機能的でという意味ではなく、文字どおり、経済活動を行っていくための要素であるという意味です。

 

ファッションは常に生産され、消費されていきます。さらにそれは2000年代に入って加速度的に、低廉化しています。ファストファッションの勃興や、ビッグ・メゾンのトレンド重視…類似ブランド、サブブランドの設立など…

 

ファッションは常に消費者を想定しています。しかも大衆としての消費者によって、芸術に本来あるはずの、創造者の想いは一部のデザイナーを除いては存在することが認められなくなっているのです。

これは、ファッションが服そのものが有効な装置なのではなく、身体に纏われることで、服の真価が発揮されることが起因するでしょう。つまり、主体は服ではなく、人間の身体なのです。

 

身体が主体となって芸術活動をするものは、舞踊が挙げられますが、舞踊は時間を占領する芸術として、ある対象に向かって任意の動きをします。(恣意的な動きを捉えた現代舞踊のようなものもあります)

しかし、ファッションは対象を想定しておらず、また、時間の占領(対象の時間と、行為者の時間が共有されていない)も行いません。

 

そして何よりもファッションが機能しているのは、身体を隠す、保護するという点であることも、他の芸術とは異なるのです。

芸術には「伝達」の機能が含まれていますが、服を身につける行為には、対象が想定されておらず、伝達の機能が果たされていません。

仮に、服そのものであれば、伝達の機能があるとも言えますが、それは副次的な機能でしかなく、根本に、服としての基本性能である、身体の保護が重要なのです。

 

以上が私の考える、「ファッションが芸術になれない理由」ですが、未だ考察不足の箇所も多いため、定期的に更新していきたいと思います。

 

では、さよなら、さよなら、さよなら。

僕がミニマリストになった理由 2

こんにちは、こんばんは、おはようございます。れんこんです。

 

前回はこちらで、独白とちょっとした小話を記載しました。

 

lenkon3mini.hatenablog.com

 

今回は、さらにパーソナルな理由をいくつか書いていきたいと思います。

題して「れんこん、ミニマリストになるの巻」です!!

 

 

と言っても、あまりきっかけがあった訳ではないです。強いて言うなら、家族がものに執着していなかったと言うことです。リビングにあるのはテレビ、テーブル、ソファだけで、余計な食器棚や、カレンダー、写真たてや置物は一切ありませんでした。

生まれた時から、物が少ない環境で育って僕は、割と当たり前にミニマリズムを受け入れる素地があったのだと思います。

 

もちろん、幼少期を思い返せば、僕はカードゲームやテレビゲーム、プラモデルによくわからない置物などを集めていました。

ですが、これもまた、受け入れるべきことなのだと思います。小学生だった私には、カードゲームやテレビゲームで遊ぶことで、友人とのコミュニケーションがとれ、交友関係を保つことが出来ていたのです。

真の友情は物を媒介しない!なんて僕は言いません。なにがしかのきっかけによって人は誰かと、知り合いになり、友情や愛情を築いていくのだと思いますし、物を媒介せずに誰かと真の友情が築けたのならば、それはとても幸運なことだと思います。

 

話は逸れましたが、れんこん家では、元々ものが少ないので、ミニマリズムを受け入れ易かったというのが、前半です。

 

そして、本当に小さなきっかけになったのは、イタリア旅行です。

初めての海外旅行、ツアーや友人とも行かず、たった一人で、ドミトリーに泊まりました。

英語も大して話せないし、イタリア語なんてもってのほか!

トランジットに失敗して、ドバイで6時間待ちぼうけ、深夜のローマで迷子になり、フィレンツェでひたすらトイレを探す時間。

旅行ではなく、修行ですね。

 

ただ、この初めての経験が僕にとってはとても楽しかったのです。

「なんだ、一人バックパック一個で生きていけるじゃん!」と思えた瞬間でした。

 

多くの観光客が大きな荷物を持って、右往左往している中、僕は走るように歩いて旅をしていました。ものに縛らず、ものを縛らず、自由である自分がとても身軽で、いろんなことが出来ると思いました。

 

本当に小さな小さなきっかけでしたが、一歩踏み出した、当時の僕はとても大きなものを動かしたように思います。

 

こうして、ものという存在と概念に縛られる必要がないと悟った僕は、ひたすら「楽で」「豊かな」生活を志向しているのです。

 

今思い起こすと、やはりイタリアの体験はすごく良かったと思います。しかし、アメリカを車で一周したのは失敗でした。14日間で約12000kmの旅は、修行を通り越して、イエスが荒野を歩いていたような体験でした。全くもってオススメしないので、アメリカを車で一周するのはやめましょう。ましてや、一人ぼっちなんて…

 

さよなら、さよなら、さよなら

 

 

僕がミニマリストになった理由

こんにちわ、こんばんわ、れんこんです。

 

実は僕、ミニマリストなんです!!

 

自らをカテゴライズすると楽になる、など言われておりますが、僕は「ミニマルな生き方をしている人間」=ミニマリストという考えを持って、これを自称しています。

 

すでに多くの書籍や、メディアで取り上げられ、社会的認知度も増してきたミニマリストですが、最近、時代の潮流との乖離もしくは、ズレのようなものが発生してきていると思います。

 

大前提として、以下を引用してみます。

知恵蔵の解説

ミニマリスト

 
持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人。自分にとって本当に必要な物だけを持つことでかえって豊かに生きられるという考え方で、大量生産・大量消費の現代社会において、新しく生まれたライフスタイルである。「最小限の」という意味のミニマル(minimal)から派生した造語。
物を持たずに暮らす人の意味では、2010年前後から海外で使われるようになり、その後日本でも広まったと見られる。何を持ち何を持たないかは人それぞれだが、少ない服を制服のように着回したり、一つの物を様々な用途に使ったりするほか、誰かと共有したり借りたりすることで、自分が所有する物を厳選している点が共通している。
少ない物で豊かに暮らすという考え方自体は、環境問題の深刻化などを背景に以前からあった。近年は、物だけでなく多くの情報が流通する中で、たくさんの物を手に入れても満たされなかったり、多くの物に埋もれて必要な物が見えなくなったりして生きづらさを感じる人たちが増え、自分にとって本当に大事な物を見極めて必要な物だけを取り込むことで楽に生きたいと共感が広がっているようだ。必要な物だけを持つミニマリストの思想は、10年頃から流行した整理法「断捨離(だんしゃり)」などにも通じる考え方と言える。

(原田英美 ライター/2015年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

引用元 https://kotobank.jp/word/ミニマリスト-139265

 

原田さんが書いた「ミニマリスト」のキーワードは「豊かに」「楽に」という二つでしょう。

これらは、ミニマリストが精神的な充足を求めていることに起因していると考えられます。よく、ミニマリストが語る「ものよりも経験や知識、つながりの方が大事だ」ということを見れば、一目瞭然でしょう。

 

しかし、ミニマリストの思う「ものよりも経験や知識、つながり」というのは、どこかで聞いたフレーズのようにも見えませんか?

 

そう、若者の「もの消費よりもこと消費」の傾向です。

僕も一応、若者の部類に入りますから、こと消費の本質は理解しているつもりです。僕たちの世代にあるのは、地位や名誉が金銭的な結果としてのものではなく、地位や名誉が「いいね」と「つながり(=シェア)」の数の方が重要だというマインドです。

もっと、ラディカルに言い換えるのであれば、金銭を多く持てない若者が、社会の中で存在感をアピールするために、「いいね」と「つながり(=シェア)」という他人の共感を数値化した結果を大事だと主張している、ということではないでしょうか。

 

本当に過激な意見として言っているので、批判非難はあるかと思いますが、あくまで個人的な若者の意見だと思ってください。

 

では、若者達の数値化された共感と、ミニマリストが語る「経験や知識、つながり」とは何が異なるのでしょうか。

一つ考えられるのは、ミニマリストは人間関係すらミニマルするということです。普遍的な事実ではないですが、私が見聞きしたミニマリストたちは、やはり、引用した原田さんが語っていたように「豊かに」「楽に」生きたいと望むのだと思います。

そこには、数値化された共感は必要ではなく、むしろ、ミニマリストの志向する生き方とは乖離しているのです。

 

しかし、今まで述べてきたような、若者の思考とミニマリストの思考があたかも(表面的でしかないのに!)似ていると語られていると感じています。

 

僕自身、ツイッターや他のSNSを少しだけ使いますが、数値化された共感は必要ないのです。僕に必要なのは、「豊かに」「楽に」生きる術だけなのです。

 

さて、今回はここまでです!

まだまだ、乖離の詳しい話や、僕が仕事で感じる非ミニマルな生活の豊かさもバシバシ書いていこうと思いますので、お付き合いをお願いいたします。

さよなら、さよなら、さよなら

 

はじめての〇〇

初めまして!!世界一中身のないことで、有名なれんこんです。

 

昔から、上っ面の男と自身を揶揄しながら生きてきた人間が、辛子レンコンになっていくのがこのブログです(笑)

 

主な内容は私の生活のことだったり、ファッション業界、トレンド、などを書いていきます。役に立つことはないかもしれませんが、他人には絶対に見せない(見せられない)れんこんの中身を、垣間見られます…誰も得をしませんが…

更新の頻度は週二回を当面(9月までの)目標にしていこうかと、思います。頻度の多い、少ないは実際やってみて、判断していけばいいですよね?

 

では、まず、自己紹介から!!

名前:れんこん

性別:おしべ

年齢:1993年生まれ

職業:ファッ◯◯ン業界

好きなもの:辛子レンコン

嫌いなもの:辛子レンコン以外

趣味:ワークアウト

 

こんなところでしょうか…書いてみると、ことごとくれんこんに近いのが分かるりますね。

 

初日から長々と書いても、中身がないので今日はこの辺で!

さよなら、さよなら、さよなら。