Minimalenkon

れんこんが辛子レンコンになっていく過程

なぜ哲学者は疎まれるのか。彼らのミニマリズム

こんにちは、レンコンです。

 

台風が過ぎ去り、暑くなると思ったら、雨が降る。梅雨明けとはなんぞや? そんな心持ちでございます。

 

真に理性的な判断は、感情的で、経験からなる判断を超越する。

 

為すべきものが為すべきを為す

 

我々が自由意志に基づいて行動をしているかのように振る舞うこと、それら全ては、すでに全能者によって予定されていたもので、翻って考えると、我々の自由意志というのは、その所在が定かではないように思われる。

 

とまあ、定かでは無い記憶を辿りながら、3人の哲学者の言葉を、要素だけ引き抜いてまとめてみた。

 

カント、ニーチェスピノザ上から順に並んでいるが、面白いのは彼らの哲学と同時に、彼らの人生であろう。

 

カントは生涯独身を貫き、一日に一度しか食事を摂らず、食事の際は友人たちと長い間語りながらいた。

 

ニーチェは女性に振られたショックから、ツァラトゥストラにこのように語らせた。

 

スピノザのはユダヤ教を破門され、いかなる宗教にも改宗することなく、その人生を終えた。

 

哲学者は人生そのものが、実に際立っている。むしろだからこそ、彼らの思考形態は時代を超え、言語を超え、私の奥底に眠るものに語りかけるのだと思う。

 

哲学者には、余計なものはなにもない。瑣末とも言える彼らの周りのことが、全て求道へとつながるのだと思う。

 

拡大するとミニマリストは、ある種自身の真理へとむかう一つの思考形態を、ミニマリズムの中に見出した。だからこそ、哲学者とは少し異なり、瑣末な我々の身辺を排斥するのかもしれない。

 

瑣末さをどのように取り扱うか。哲学者はそれらの諸問題も含めて、思考形態を確立していった。

ものや諸問題も抱えたまま、彼らは真理という磨き上げられた、言い換えれば徹底的に瑣末さを取り除いたことにたどり着くことができた。

 

果たして、ミニマリストはいかなる「こと」にたどり着くのだろうか

 

さよなら、さよなら、さよなら

心穏やかにいるミニマリスト

こんにちは、レンコンです。

 

最近夏になり、賑わいも絶頂に達する世間を尻目に僕は、はたから見れば生きる屍のような生活をしている。

 

朝起きて、コーヒーを入れ、掃除機をかけ、朝の支度をし

 

電車に乗り込み、本読む

 

職場について、新しいことをひたすら吸収し、業務を終え

 

帰路につくときには、マイルス・デイヴィスのアルバムを聴く

 

家に帰れば、あるもので夕食を済ませ、本読み、シャワーを浴びる

 

そして、床に着く

 

何不自由なく、ただただ生きている。

 

これを果たして不幸だとか、つまらないと言えるだろうか?

 

刺激的な芸術に朝から触れ、帰るときは、エモーショナルなぶつかり合いを耳で聞く。

 

何も、世間と同じことばかりをするのが、自分にとって最良の生き方ではない。

 

 

私には、現在の何不自由ない、すなわち、自由そのものが何よりも幸福なのだ

 

なぜなら、芸術とミニマリズムがそこにあるから。

 

今日も心穏やかに

 

さよなら、さよなら、さよなら

 

断酒と禁煙始めます。

こんにちは、レンコンです。

 

実は僕、ミニマリストとか言ってますが大のタバコ、酒好きです。

どれぐらい好きかというと、風邪だろうがインフルだろうがタバコを吸い、午前中から酒を飲むくらいの依存度です。

 

はっきり言ってヤバイ!

 

わかってはいるんですが、身体が…欲しちゃうのっ!(ビクンビクン)

 

という感じです。

 

タバコは何度も辞めようと思ったことはあります。

でも、無理なんですよ。手隙の時間とか、付き合いや、習慣としてタバコを吸っていたので、辞めるということ自体が不可能に近いのです。

 

では、どうやって辞めるの?って話ですよね。

 

簡単です!

 

体を小学生レベルの生活になじませるのです!!

 

小学生は酒もタバコも吸わないし、大体毎日運動して、早く寝ますよね?

 

成長期なんだからいいんだよ!大人がやったらダメ!とか言われそうですが、いやいや、やらない理由がないですよ。

 

ですが、仕事で遅くなってしまうことがあったり、付き合いでお酒を飲むことはありますよね?

 

そこは大人の事情に任せて、

 

付き合いならお酒だけはOK

 

にします!(意志が弱いな〜)

 

ですが、タバコだけは完全にやめます!

家にあるライターも灰皿も残りのタバコも全部捨てました!!

 

いつかやめよう、今度やめようと思い続けて、結局辞められずにいた私ですが、吸い続けて良かったことなんて全くなかったので、少しだけ、習慣をミニマムにしたいと思います。

 

ちなみにこのアプリ使ってみますね。

http://nonsmo.jp

 

ではでは、健康体に向けて、いざ!!

さよなら、さよなら、さよなら

 

痛オヤ

こんにちは!レンコンです。

 

イタオヤって言葉をご存知ですが?

イタリアオヤジっていう意味で洒落っ気のある男を指す言葉なんです!

雑誌でいうとLEON MENS EX MEN SCLUBあたりでしょうか!

 

あのね!ばかなの!?

 

お前らはイタオヤじゃなくて、痛オヤだろ!ってよくツッコミたくなります。

 

上がイタオヤ

下が痛オヤです。

f:id:lenkon3mini:20170717205153j:image

f:id:lenkon3mini:20170717205158j:image

 

 

季節の違いもありますが、まあ、なんていうか

 

日本人(東洋人)のダサさね!

 

なに着てもダサいわけではないんですよ、日本人だって。

要はデコラティブな服が似合わないのに、何故かお兄系の要素を入れて、色気()を演出しようとするんですよ。

 

多くの痛オヤは顔が平らで髪も大してかっこよくしないです…というか、髪をどうこうしても若作りになるのですよ。

なんでかって?

 

んなもん!体型の維持が出来てないのと、肌が汚いからですよ!

 

腹が出ててスキニーのパンツ履いてるおっさんや、浅黒く焼けて、肝臓が悪そうに見えるおっさんがいくら高い服やブランドもの身につけてもダサいんですよ。

むしろ、よりダサくなるんですよ。

 

痛オヤにならないための方法なんて簡単です。

 

1.腹を出さない

2.肌を焼き過ぎない

3.髪を短くまとめる(禿げててもかっこいい人は潔い

4.ブランドロゴを入れない

 

ね?簡単でしょ?

しかも、上で書いていた雑誌でもおおよそ、そういう着方と印象になっているはずです。

 

必要なのはお金ではなく、センスです。

 

LEONの副題にいつもこの言葉がくっついている通り、痛オヤには絶望的にセンスがないので、とりあえずユニクロでおしゃれになれるように頑張ってください。

 

だって、今時の若者はユニクロでかっこいいしかわいいでしょ?

 

センスはお金では買えないですし、スタイリストをつけても地に足のついた、パーソナルなおしゃれにはなりません。

ファッションセンスを磨きたければ、徹底的にダメ出しをされ続け、批判に晒され続ける覚悟が必要なのです。

 

私は、そんな無駄なことを続けたくないので、ファッションセンスを磨くことはもうないです。

 

では、さよなら、さよなら、さよなら

販売士1級を取った話 3

こんにちは、レンコンです。

 

前回まで販売士1級の話をしておりますが、今回もその続きです!

 http://lenkon3mini.hatenablog.com/entry/2017/07/08/120954

http://lenkon3mini.hatenablog.com/entry/販売士

 

販売士…なにせ勉強方法が大変なんですよ…意外に試験範囲が広いので…

 

 

でも、大丈夫!やればいいんですよ!(適当)

 

は?何言ってんだとなるかもしれませんが、これは本当に僕がやった結果なのです!

 

テキスト5周して、ほぼ一冊丸っと暗記して、問題集を5周して、過去問5年分解く。

 

たったこれしかやってないです。本当です。

時間にして250時間くらいです。時間はかけました。

 

だって、テキスト読むの遅いし、問題わかんないの多いし、過去問知らないこと多いんですもの!!

 

分からないことは、ぐぐって一発解決ですね。

もしくは、問題集の解説をノートに書いて、声に出して読んで、理屈を理解しました。

販売士は理屈さえ理解して、覚えることは叩き込めば、差し当たり難問はありません。

あるとすれば、記述くらいですが、記述もマーク式の問題を解いて、解説を理解すれば応用が効きます。

 

販売士の記述で大事なのは、キーワードを入れることと、設問に正しく答えること、そして、「何がどうして、どうなった」という枠組みで書くことだと思います。

 

これさえ守れば、試験1ヶ月前、つまり年明けから勉強してもなんとかいけます。

 

僕も、卒論と同時進行して、卒論提出2週間後が試験日でしたが、なんとかなりました。

ちなみに卒論は、映画研究で書いたので、販売士とはなんら関係はなかったです笑

 

あと、言えることは、販売士の勉強範囲は意外に各科目でリンクすることがあります。マーチャンダイジングが小売の類型、マーケティングと絡んでいたりするので、その辺も「ああ、こういうことな」ってなると楽しく勉強できると思います。

 

なんか、すごい雑になりましたが、もしもっと話聞きたいというのであれば、また記事書くので、ツイッターhttp://twitter.com/@Lenkon8 )かコメントでボコボコに叩いてください。

 

 

ではでは、さよなら、さよなら、さよなら

 

販売士1級をとった話 2

さあ、前回は販売士2級に無残にも敗北した過程を書きました…

販売士1級を取った話。1 - Minimalenkon

当然といえば当然の結果で、悔しかった記憶はあまりなかったです。

 

業務を行いながら、「ああこういうことか」「ここは販売士でいうあれか」等考えていると、ふと

 

もう2級は受かった体でよくね?

 

と考えはじめました。

 

こういうのをなんていうかというと

 

THE・ポジティブ!!

 

すごいですよね、この発想。落ちたのに凹まず、しまいには受かった扱いですよ!これを大学受験などでやると、入学式後の学部の説明会とかで資料が足りなくなったり、学生証がないやん!ってなります。迷惑なので、受験または国家資格の場合はやめましょう。

 

発想の転換で2級は受かりました(実際は落ちましたよ!)

ですので、次は販売士1級を受けてみようというのが自然な流れですよね?

 

しかし、問題が…

 

圧倒的な参考書不足!!

 

そうなのです、販売士は2級までは市販の参考書が多いのですが

販売士は1級になった途端、片手で数えられるくらいになります。

その中でもこれならば!っていうものをピックアップします。

 

以下の二冊が僕の使った参考書と問題集です。

あとは、公式の過去問が各地域の商工会議所で販売(1部250円だった気が)

しているので、5年分くらいやりました。 

販売士1級〔第2版〕: 日本商工会議所/全国商工会連合会検定

販売士1級〔第2版〕: 日本商工会議所/全国商工会連合会検定

 
販売士1級 問題集〔第2版〕: 日本商工会議所/全国商工会連合会検定

販売士1級 問題集〔第2版〕: 日本商工会議所/全国商工会連合会検定

 

 

ただ、上の参考書はあまりにも誤字脱字が多く、結構気が逸らされました。

また、私は一ッ橋書店のものは使っていないですが、評価は高いようです。

 下に貼っておきますね。

リテールマーケティング (販売士) 検定1級問題集 Part 3 〈ストアオペレーション〉(第3版) 改訂版対応

リテールマーケティング (販売士) 検定1級問題集 Part 3 〈ストアオペレーション〉(第3版) 改訂版対応

 
リテールマーケティング (販売士) 検定1級問題集 Part 1 〈小売業の類型〉 改訂版対応

リテールマーケティング (販売士) 検定1級問題集 Part 1 〈小売業の類型〉 改訂版対応

 
販売士検定1級問題集 Part 4

販売士検定1級問題集 Part 4

 
販売士検定1級問題集 Part 2 〈マーチャンダイジング〉

販売士検定1級問題集 Part 2 〈マーチャンダイジング〉

 
販売士検定1級問題集 Part 5

販売士検定1級問題集 Part 5

 

 

まあ、どの参考書を使うかより、どれだけ効率良く勉強して、時間と質を高められるかだと思うので、これって思ったら新しいテキストはいらないと思います。

あと、公式ハンドブックは不要でした。買ってもいません笑

 

では、次回はもう少し細かい販売士1級の勉強方法をお伝えできればと思います。

さよなら、さよなら、さよなら。

販売士1級を取った話。1

こんにちは、こんばんは、おはようございます。れんこんです。

中身のない私ですが、一つだけ誇れることがあります!!

 

それは、販売士1級を持っていることです!笑

 

っち、資格だけかよ、とか思わないでください。今はまだその通りですけど!

 

 

まあまあ、僕がなぜ販売士を取ろうとして、1級しか持ってない(受験してない)のなお話をいたします。

 

大学4年の時、就職が決まり、小売に行くことになりました。ファッション業界ですよ!低賃金、重労働で有名なアパレルです笑

 

そんなところに行くのに、僕は気分上々ですよ〜、憧れていましたからね〜、「当時は」

 

夏になる前、内定者で集まる機会があり、初の同期顔合わせをした時、僕に衝撃が走ります。

 

こいつらオシャレすぎるッ!

圧倒的ファッションセンスッ!

 

いや〜、服が好きとか言ってた自分をぶん殴りたいですね。

 

そして、気が付いたのです。

 

こいつらにファッションのことでは絶対に勝てないし、他人が出来ることを後追いしても意味ないな

 

このあとはゴリゴリ探しましたよ。小売の人間が何を考えべきで、消費者は何を望んでいるのかを。

 

そうして色々と調べていくと、小売、流通業界には販売士という資格がいいらしい(風邪にはりんごがいいらしい的な)という情報をゲット!

 

早速勉強しよ〜となるわけです。

 

で、最初から1級なのって?

 

いいえ、最初は2級を受けましたよ。

 

 

当然、落ちました

 

 

 

勉強時間もやる気も足りないのが原因でした…あとは、マネジメント?マーケティングマーチャンダイジング?なにそのマー君三兄弟は?ってなっていたのも主たる原因です。

 

落ちたことで、心を入れ替え、当時バイトをしていたスーツ量販店の実務経験から得られるものをすべて得ようと、人、物、こと、カネ。全てを社員に聞いて吸収していこうと思いました。

 

貸借対照表や、販促活動、顧客管理、立地選定など実際に起こっていることが、資格の中で語られていることとの相違などは、目の当たりにするとかなり面白いものがありました。

 

僕が働いていたバイト先は、一言で言って不採算店舗でした。いつも赤字を垂れ流すと言って問題ないでしょう…いや、本当に売れなかったのですよ笑

売れない原因は、店のある地域よ人口が多くとも5km圏内により利便性の高い、高感度な駅前施設があることでしょう。競合としては店対ディベロッパーレベルなので、当然勝てるわけないですよ。

では、なんでこんな所に出店したんだろうか。そう考えると、販売士の立地選定とチェーンストア理論が理解できたりして楽しかったです。

 

まあまあ、思うところが多々ありながらの資格取得のお話にお付き合いいただければと思います。

 

では、今回はこの辺で

さよなら、さよなら、さよなら